ハウスフリーダム

大阪・福岡の不動産情報ならハウスフリーダム

お電話:072-336-0503

25周年

生産緑地の2022問題まで残り1年...。

その農地
相談実績のある
ハウスフリーダム
ご相談ください!

3つの選択肢があります!

営農を続ける

営農を続ける

特定生産緑地指定で10年間延長する

土地を売却する

土地を売却する

宅地に転売する

土地を活用する

土地を活用する

マンション・アパート経営

早期ご相談いただくことで
税金周りでの不安を解消できます。

生産緑地の2022問題は
ハウスフリーダムにご相談ください。

実績のある専門担当者と
顧問税理士が無料で
ご相談キャンペーン実施中。

固定資産税、相続税などお客様のご状況に合わせてプランニングをさせていただきます。

無料で相談する

生産緑地の
2022問題とは?

2022年を機に日本の大都市圏の農地が戸建てやマンション用地へと変わり、大量供給されます。
「戸建て」「マンション」用地が大量供給されると...

仮説(1)不動産の地価が暴落 仮説(2)賃貸物件の空室率が激増

営農を継続しますか?土地を売却しますか?
土地を活用しますか?
保有している農地をどうすればいいのか?
お早めにご相談いただければ安心です。

生産緑地の2022年問題のおさらい

1992年の生産緑地の指定から「30年」が経過し、その優遇と制約の期限が切れるのが2022年です。言い換えると、理論上2022年以降は、税制優遇を受けられない代わりに営農義務がなくなり、自由に農地を宅地に転用することが可能。
全国に約1万3653ヘクタール(2014年3月31日)ある生産緑地のうち、2022年に期限となるのは約8割。大阪府下の生産緑地は、約2100.4ヘクタール。生産緑地の指定が解除され固定資産税が従来の50倍〜100倍以上になると、その税負担に耐えきれず、農地所有者は土地を売却することを検討せざるを得なくなり、そこに住宅会社やデベロッパーが買主となることで、大量の戸建て用地、アパート用地、マンション用地が市場に出回り、不動産市況に悪影響を及ぼすという推測が「生産緑地の2022年問題」である。

不安、負担、対策

固定資産税の負担が
50〜100倍に

土地を売却せざるを得ない状態

農地の保有に対する税金(固定資産税)

農地の保有に対する税金
(固定資産税)

クリックで拡大

農地に対する固定資産税の特例(負担調整措置)

農地に対する固定資産税の特例
(負担調整措置)

クリックで拡大

生産緑地の
2022年問題に対する
政府の対策は?

2017年生産緑地法の改正

① 特定生産緑地制度の創設

特定生産緑地の指定されると10年延長可能になる。また10年ごとに更新可能。

② 生産緑地区の面積要件を引き下げ

従来は一団で500㎡以上となっていたが、自治体により300㎡まで引き下げることが可能になる。これまでは生産緑地の一部が相続などで指定解除された場合、残った部分の面積が規模要件を下回ると生産緑地の指定が解除されてしまうリスクも軽減される。条件が緩和されることで、これまで宅地化農地にせざるを得なかった小さな緑地も、生産緑地に追加指定しやすくなる。

③ 生産緑地地区における建築規制の緩和

改正前は農業用施設に限定されていたが、農産物の直売所や農産物の加工施設、農家レストランなども建築可能に。自分で営農すること以外の選択肢が広がったことで、高齢化や後継者不足に悩む農家も、農地のまま保有しやすくなる。

④ 生産緑地の貸借円滑化

生産緑地のオーナー農家以外の農業従事者にも農地が貸せるようになる。

あらためて、
生産緑地のオーナーの皆様は
どうすれば良いか?

3つの選択肢があります!

営農を続ける

営農を続ける

特定生産緑地指定で10年間延長する

土地を売却する

土地を売却する

宅地に転売する

土地を活用する

土地を活用する

マンション・アパート経営

営農を続ける

特定生産緑地に指定されて、解除を10年先送りにする

  • 農業を継続したい
  • 後継者がいる
  • 相続税の猶予を受けている生産緑地のオーナー
営農+農産物販売や農産物を使用した農家レストラン

営農+農産物販売や農産物を使用した
農家レストラン

土地を売却する

  • 農業を継続できない
  • 後継者がいない生産緑地のオーナー

土地を活用する

  • 農業を継続できない
  • 後継者がいない生産緑地のオーナー
マンション、アパート経営、駐車場経営、農地の賃貸

マンション、アパート経営
駐車場経営 農地の賃貸

農地の賃貸は農業法人が生産緑地を借り、若手の新規農業者に農地を幹旋したり、都市農園として一般の家庭に区画で貸すなどの農業法人の新しいビジネスモデルです。

生産緑地の2022問題は
ハウスフリーダムにご相談ください。

実績のある専門担当者と
顧問税理士が無料で
ご相談キャンペーン実施中。

固定資産税、相続税などお客様のご状況に合わせてプランニングをさせていただきます。

無料で相談する